あろは村 TOP

妊婦の海外旅行 〜妊娠3ヶ月でのハワイ体験談〜

ここでは私が妊娠3ヶ月の時に行ったハワイについて、旅行計画で気を付けたことや旅行が終わって感じたことなどを書いてみます。

今回の旅行スタイル
カウアイ島 7泊9日(4/28〜5/6)、個人旅行
良かった点
・事前に座席指定が出来る航空券であったこと
・個人旅行は自由に旅を設計でき、気兼ねもいらない
・宿泊地区を1つに絞り、同じ部屋に滞在したこと
・コンドミニアムの広い部屋でくつろげたこと
・周りの環境が良く、散歩がとても楽しかったこと
悪かった点
・ゴールデン・ウィークの混雑期だったこと
・ビジネスクラスに手が届かなかったこと

妊婦さん対応の海外旅行保険

2005年よりAIUでは、妊娠22週未満の方に限って妊娠による治療・救援費用が補償対象になりました。追加料金なしで自動付帯されます。これは心強いですね。(補償内容等の詳細は必ずご自身でご確認下さい)。

妊娠22週以降の方は、やはり以前と同じで旅行保険は適用されません。自分の責任で対応することになります。もし体調を崩したら、本人も大変ですが同行者の方も慌ててしまいそう。

ツアー参加の場合でツアーデスク等が相談に応じてくれるようなら営業時間や緊急連絡先を確認したり、カード会社等の医療相談の電話番号を携帯するのも良いかもしれません。ご夫婦で事前によく相談されていれば落ち着いて行動できるかも。

オアフ島には日本語が話せるお医者さんもいらっしゃるようなので、事前に連絡先や場所の確認などをしておくと安心ですね。私達は個人旅行だったので、カード会社の24時間OKの緊急医療サービスの電話番号をいつも携帯していました。

飛行機の座席

結構こだわったのは飛行機の座席です。GW中は満席状態ですし、 事前に座席指定が出来る正規割引のチケットはとても嬉しい存在です。

妊婦はトイレが近い!だから通路側がお勧めです。日系の航空会社を利用したのは初めてでしたが、いつものアメリカ系航空会社のトイレのように独特のニオイ(別に嫌な刺激臭とかではありません)はしませんでした。でも、においに敏感な時期なのでトイレからは何席か離してもらいました。本当は足が伸ばせるビジネスクラスに座れるともっともっと楽なんですが…。

それから、妊娠月数によっては飛行機に乗る際に医師の診断書などが必要な場合があるようですので、予約の際に確認してみてください。

行き慣れた場所は気持ち的にラクでした

今回の旅行先は行き慣れた場所を選びました。カウアイ島のプリンスヴィルは3回目。島の地理、様子、気に入っているレストランなどもだいたい分かっていたので、変な緊張もなくリラックスできました。島の名所へも何度か訪れているので、無理して出掛けなくてもいいかな…ということもあり、気持ち的にも大変のんびりできました。でも新しい旅行先を選ぶのも楽しいことですから、これはそれぞれですよね。

自由が魅力の個人旅行

個人旅行は、旅の最初から最後までを自分の都合が良いように組み立てられることが大きな魅力です。空港によっては飛行機の出発時間帯を選べますし、ツアーでは扱われない一軒家やコテージ、B&Bなど、希望する宿に泊まることだって出来ます。「選択肢が沢山ある」ということは、体調に合わせて旅のプランを自由に変えることが可能ということでもあり、これはとても気楽ですね。

ただ航空券、宿泊先、レンタカーなど全てを自分で手配するのは面倒という方もいるでしょうし、旅行のキャンセルや日程の変更などをしなければならなくなった場合には、予約した所それぞれに連絡をしなくてはいけないのはデメリットです。

のんびりした日程

旅行日数が短いと慌しく行って帰って来ることになるので、出来れば少し長めのほうがいいかなと思います。1日の予定もあれこれと詰め込まずに、のんびり過ごすというのが良い感じでした。産後はのんびりなんて、夢のまた夢ですからね(笑)

コンドミニアムの良い点

「旅行に行ってまで生活はしたくない」という方もいらっしゃるかと思いますが、私はコンドミニアムがお気に入りです。基本的にはリビングルーム+ベッドルーム+キッチン+バスルームの構成になっていて、ホテルと同じように借りられます。ここが何故良いのかと言うと…

・部屋の中にキッチンや洗濯機・乾燥機などの設備を備えている場合が多い
・ホテルの部屋とは比較にならないほど広く、別荘気分が味わえる
・料金的にも格安〜高級まで幅広い選択肢がある

などかな。同じ料金を払うのならば私は断然コンドミニアムです。


Paniolo#112は2BRの独立型コテージ

何でも揃っているお役立ちのキッチン

部屋の中に洗濯機・乾燥機があるのはとても便利なんです。持って行く着替えも随分減らせますしね。ホテルのランドリーコーナーで洗濯したこともありますが、洗濯から乾燥が終わるまで、その場を離れられないのが面倒でした。それに共用なので、混んでいたら思ったような時間に洗濯出来ないこともあるでしょう。その点、部屋で洗濯する場合は楽です。自分専用の洗濯機ですから、洗濯が終わったら乾燥機に突っ込めばすぐに出掛けられます。

部屋の空間にも余裕があるので、息が詰まることもなく自宅同様にくつろげます。フルキッチンであれば、お料理好きな方はもちろん料理の腕を振るえます。でも面倒なら外食すれば良いので不自由はありません。キッチンの大型冷蔵庫はフル活用ですよ。パンや残り物など食品類のほとんどを冷蔵庫保管しています。

旅行を終えて思ったこと

今まで何度も行っているハワイでしたが、妊娠中の旅行は初めてでした。 『安心できる・わがままがきく・ゆとりがもてる・荷物は軽く』がポイントかなあと思います。それから、体調が悪くなった時は『旅行をキャンセルする』 という勇気が必要かもしれません。
時々『○ヵ月だけど行けますか?』と相談されますが、体の状態は人それぞれ。まずはお医者さんに相談してみて下さいね。私ももちろん、先生に相談してから行きました。

妊娠中の旅行記はこちら →癒しのカウアイ・妊婦の旅行日記


あろは村 TOP